車体修理記録簿見本

 

「内板骨格パネル修正」及び「外板パネル板金塗装」として使用しやすいように各1冊にまとめられています。

それぞれ2枚複写式で1冊が50枚つづりになっています。

 

見本

     

「車体修理記録簿」の目的

 車体修理記録簿は、お客様へ「保証書」をお渡しするときにその内容を補完するものです。お客様の信頼感の醸成に効果を発揮します。

 作業をおこなった工場側にとりましては、作業の記録を残し、顧客管理にも利用できるほか、次回入庫時のカルテまたは不測のトラブル時の原因解明や説明もためにもご利用できます。

 また、記録簿はお客様が目で見て理解しやすいように簡素にしてあります。工場側の記録としては項目的には、物足りない部分もあるでしょうが、作業の標準化(自社なりのマニュアル)ができていれば、細かい記入は必要なくなります。したがって、保証書・車体修理記録簿・作業の標準化は三位一体の関係にあるものです。

 

各都道府県の車体整備協同組合のお問い合わせ先は  こちら