home/menu/

  

 国内クレジット制度って何?

 


  

Q:国内クレジット制度って何?

 

A:国内クレジット制度とは、京都議定書目標達成計画(平成20年3月28日閣議決定)において規定さ

    れている、大企業等の技術・資金等を提供して中小企業等が行った二酸化炭素の排出抑制のための

    取組みによる排出削減量を認証し、自主行動計画等の目標達成のために活用する仕組みです。

 

    中小企業等における排出削減の取組みを活発化、促進することを目的としています。

 

 

京都議定書目標達成計画(平成20年3月28日閣議決定)(抜粋)

 

  大企業等の技術・資金等を提供して中小企業等(いずれの自主行動計画にも参加していない企業として、中堅企業・大企業も含む。)が行った温室効果ガス排出抑制のための取組による排出削減量を認証し、自主行動計画等の目標達成のために活用する仕組みを構築し、その目標引き上げ等を促していく。

  その際、参加事業者が自主的に取り組むことを前提としつつ、我が国全体での排出削減につながるよう、排出削減量の認証に当たっては、民間有識者からなる第三者認証機関が京都メカニズムクレジットに適用される簡便な認証方法に倣った基準により認証を行うことにより、一定の厳格性及び追加性を確保するとともに、中小企業等の利便性確保の観点から手続の簡素化等を行う。

さらに、既存の関連制度(地球温暖化対策推進法の算定・報告・公表制度や省エネルギー法の定期報告制度)との連携・整合性のとれた制度とする。

  なお、本制度の運用に当たっては、中小企業等がこの仕組みの下で得られる収入のみでは事業が成立しない場合に限り、設備導入補助等既存の中小企業支援策を最小限受けることができるようにする。

  また、創出された「国内クレジット」の管理体制・システムについては、例えば中小企業等と大企業等が協働(共同)で事業計画を策定、申請し、その認可を受けるといった仕組みなど、可能な限り簡便なものとする。

 

 

Q:どこが運営しているの?

 

A:国内クレジット認証委員会です。

 

Q:国内クレジット認証委員会って何?

 

A:京都議定書目標達成計画に規定する国内クレジット制度を運営するために設置された委員会です。

 

      政府は国内クレジット制度を円滑に運営するため、民間有識者からなる第三者認証機関として、

    国内クレジット認証委員会を置き、その事務局については、経済産業省、環境省及び農林水産省が

    共同で運営規則に基づき業務を行っています。

 

Q:どんな活動をしているの?

 

A:国内クレジット認証委員会は、次のような業務を行います。

 

      1.排出削減方法論の承認

      2.排出削減事業の承認

      3.排出削減量の認証・管理

      4.審査機関及び審査員の登録・管理

      5.1.〜4.に関する承認、認証、登録及び管理の執行に必要な細則又は解釈規準の制定

      6.国内クレジット制度に係る情報提供

      7.上記に掲げるもののほか、本運営規則その他に基づき委員会に属せられた業務

 

  

            各種申請書類のダウンロード

 

 

     詳しくはこちら