home/menu/

 

 

新型インフルエンザって何?

 


 

Q:新型インフルエンザって何?

 

A:新型インフルエンザとは、新たに人から人に伝染する能力を有することになったウイルスを病原体と

 するインフルエンザであって、新しい豚インフルエンザ(A/H1N1)を感染症法第6条第7号に規

 定する新型インフルエンザ等感染症に位置付け、感染の拡大を防止する様々な対応が国際的な連携のも

 とに始められています。

 

 

Q:新型インフルエンザの症状などは。

 

A:新型インフルエンザの症状は、突然の高熱、咳、咽頭痛、倦怠感に加えて、鼻汁・鼻閉、頭痛等であ

 り、季節性インフルエンザと類似しているといわれています。

    ただし、季節性インフルエンザに比べて下痢や嘔吐が多い可能性が指摘されています。

 

 

Q:新型インフルエンザの感染はどのように広がりますか。

 

A:新型インフルエンザは、多くの人が免疫を持っていないため、通常のインフルエンザに比べると感染

 が拡大しやすく、多くの人が感染することが考えられます。

    新型インフルエンザの感染経路は、通常のインフルエンザと同様で、咳やくしゃみとともに放出され

 たウイルスを吸い込むことによる飛沫感染と、ウイルスが付着したものをふれた後に目、鼻、口などに

 触れることで、粘膜・結膜などを通じて感染する接触感染が考えられます。

 

 

Q:新型インフルエンザを予防するには。

 

A:手洗いは、外出後だけではなく、可能な限り頻繁に行い、石鹸を使って最低15秒以上行い、洗った

 後は清潔なタオル等で水を十分拭き取りましょう。

    また、ウイルスが粘膜を通して感染するため、極力鼻や口などを触らないようにしましょう。

 

 

Q:マスクを着用する必要がありますか。

 

A:マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高い

 とされています。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクをつけましょう。

    一方、予防用にマスクを着用するのは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所

 では、一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは相当混み合っていない限りあえて着用する必

 要はありません。

 


 

 

詳しくはこちら