home/menu/

 

 

消費者庁って何?

 


 

Q:消費者庁って何?

 

A:これまでの消費者行政は、農林水産省、経済産業省や厚生労働省など、所管が多数の省庁にまたがっ

 ており、縦割り行政の弊害が生じていたことから、消費者行政を統一的、一元的に推進するための権限

 を持つ新組織として平成21年5月に関連法が成立し、9月1日に発足しました

 

Q:新組織の原則は。

 

A:1.消費者にとって便利で分かりやすい。2.消費者がメリットを十分実感できる。3.迅速な対

 応。4.専門性の確保。5.透明性の確保。6.効率性の確保の6つの原則が掲げられています。

 

Q:消費者庁の組織は。

 

A:長官、次長、審議官及び参事官の下に、総務課と政策調整課、企画課、消費者情報課、執行部門とな

 る消費者安全課、取引・物価対策課、表示対策課、食品表示課の8課体制で発足しています。

 

Q:消費者庁の役割は。

 

A:消費者庁では、情報を一元的に集約し、調査分析を行う他、関係省庁に対して適切な措置を取るよう

 勧告を行ったり、事業者に対しても取り組みの支援、指導を行ったり、立ち入り検査や勧告、命令を発

 するなど、消費者保護のために新法創立の立案や全国の自治体が設置している消費者センターへのバッ

 クアップを図ります。

 


 

詳しくはこちら