home/menu/

 

 

中小企業金融円滑化法って何?

 


 

Q:中小企業金融円滑化法って何?

 

A:金融機関は、中小企業や住宅ローンの借り手の申込みに対し、できる限り条件変更等を行うように努
 めることになりました。

    また、金融機関は、他の金融機関、政府関係金融機関及び信用保証協会等とも連携し、条件変更等を
 行うよう努めます。

 

Q:金融機関からの借入について「貸付条件の変更等」を受けるには、どうすればよいのですか。

 

A:ご利用の金融機関にご相談下さい。金融機関と今後の経営改善計画、返済計画を検討した上で、その
 実現に必要な貸付条件の変更等を行うことになります。

 

 

Q:「貸付条件の変更等」とは、元本の返済猶予を意味するのですか。

 

A:それだけではありません。元本の猶予以外にも、例えば返済期間の延長や旧債の借換え、債務の株式
 化など、債務の弁済負担の軽減を行う全ての措置が含まれます。

 

Q:金融機関に「貸付条件の変更等」を申し込みましたが、応じてもらえませんでした。もうあきらめる
 しかないのでしょうか。

 

A:あきらめる必要はありません。他の取引金融機関や信用保証協会等に相談してみましょう。

    中小企業金融円滑化法は、各金融機関が他の金融機関や信用保証協会、政府金融機関等との連携を図
 るよう求めています。

 

Q:「貸付条件の変更等」を受けたことを理由に今後、新規融資を断られることはありませんか。

 

A:そのようなことはありません。個別の融資は書く金融機関が借り手の信用力を踏まえて判断します
 が、金融庁も貸付条件の変更等の履歴があることのみを理由に新規融資を拒絶することがないよう、金
 融機関に対する検査・監督で検証していきます。

 


 

 

詳しくはこちら