home/menu/

 

 

自動車重量税の変更って何?

 


Q:自動車重量税の変更って何?

 

A:平成22年4月1日以後に車検証の交付等を受ける自動車については、新車新規登録から18年
 を経過した自動車を除き、税率の引き下げが行われます。

 

Q:税率引き下げの内容は。

 

A:自動車重量税について、平成22年4月1日から当分の間の措置として、下記のとおりの税率に
 なります。

 

      区分

車両重量

エコカー減免制度適用

エコカー減免制度適用なし

免税

75%減

50%減

0.5トン超

  〜1トン以下

7,500

(9,400)

15,000

(18,900)

30,000

(37,800)

1トン超

〜1.5トン以下

11,200

(14,100)

22,500

(28,300)

45,000

(56,700)

1.5トン超

  〜2トン以下

15,000

(18,900)

30,000

(37,800)

60,000

(75,600)

      ※上段は改正後の税率、括弧書きは改正前の税率です。

 

Q:エコカー減税は。

 

A:エコカー減税制度(平成21年4月1日〜平成24年4月30日までの間における最初の検査時
  の特例)については継続します。

    また、エコカー減税の適用を受ける場合も、軽減の対象となる税率が引き下がることに伴い、負
  担が減少します。

 

Q:初度登録(又は初度検査)から18年経過している年数の考え方は。

 

A:車両の種別により、18年経過の考え方が異なります。

    @登録自動車及び小型二輪:初度登録年月(小型二輪の場合は初度検査年月)から17年11箇
                              月以後に自動車件査証の交付等を受ける場合。

    A検査対象軽自動車(二輪を除く):初度検査年から18年を経過した年の12月以後に自動車
                                      件査証の交付等を受ける場合。

 

 

詳しくはこちら