下請取引の適正化って何?


Q:下請取引の適正化って何?

 

A:親事業者から下請代金の支払遅延、下請代金の減額、買いたたき等の行為が行われるこ

  とのないよう、下請代金支払遅延等防止法を遵守することです。

 

Q:親事業者とは。

 

A:製造関係(資本金1億円以上)、役務関係(資本金5,000万円)以上の企業です。

 

Q:親事業者の義務は。

 

A:書面(注文書)の交付及び書類の作成・保存義務、下請代金の支払期日を定める義務及び

  遅延利息の支払義務があります。

 

Q:親事業者の禁止行為は。

 

A:受領拒否、下請代金の支払遅延、物の購入強制・役務の利用強制、報復措置、有償支給

  原材料等の対価の早期決裁、割引困難な手形の交付、不当な経済上のり益の提供要請

  及び不当な給付内容の変更・やり直しです。

 

 

 

詳しくはこちら