「特定化学物質障害予防規則等の改正」って何?

 

Q:「特定化学物質障害予防規則等の改正」って何?

 

A:労働安全衛生法の関連法令が改正され、新たにエチルベンゼンが規制対象(特定化学物

  質)になりました。屋内作業場などで塗装作業をする場合が規制の対象です。

 

Q:エチルベンゼンの含有の有無を確認するには。

 

A:エチルベンゼンは、キシレンが含まれている塗料・シンナーには必ず含まれており、安全デ

  ータシート(SDS)により含有の有無と含有率が確認できます。

 

Q:規制の対象は。

 

A:塗料やシンナーにエチルベンゼンが1%を超えて含まれる場合と、キシレン等の有機溶剤と

  エチルベンゼンが合計して5%を超えて含まれる場合が対象です。

   

 

Q:規制の内容は。

 

A: @既存の作業場では、平成26年1月1日から発散抑制措置と呼吸用保護具の着用が義

    務化されます。

   A平成27年1月1日から特定化学物質作業主任者(有機溶剤作業主任者技能講習修了

    者から選任)を選任することが義務化されます。

   B平成26年1月1日から従来の作業環境測定に加えてエチルベンゼンの測定と評価と測

    定の記録及 び評価の記録を30年間保存することが義務化されます。

   C平成25年1月1日からこれまでの健康診断に加えてエチルベンゼンの特殊診断及び過

    去に従事させたことのある労働者のエチルベンゼン特殊健康診断の実施と特定化学物

    質健康診断個人票を30年間保存することが義務化されます。

 

 

 

詳しくはこちら