微小粒子状物質(PM2.5)って何?

 

Q:微小粒子状物質(PM2.5)って何?

 

A:微小粒子状物質(PM2.5)とは、大気中に浮遊する小さな粒子のうち、粒子の大きさが、

    2.5μm(1μmは1㎜の1千分の1)以下の非常に小さな粒子のことです。その成分には、

    炭素成分、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩のほか、ケイ素、ナトリウム、アルミニウムなど

    の無機元素などが含まれます。

 

Q:どのような健康影響がありますか。

 

A:微小粒子状物質(PM2.5)は粒子の大きさが非常に小さい(髪の毛の太さの30分の1)

    ため、肺の奥深くまで入りやすく、喘息や気管支炎などの呼吸器疾患のリスクの上昇が懸念

    されます。また、肺がんのリスクの上昇や、循環器系への影響も懸念されています。

 

Q:暫定的な指針となる値を超えた場合は、体育祭等の屋外での行事は中止する必要があり

    ますか。

 

A:PM2.5濃度が注意喚起のための暫定的な指針となる値を大きく超えない限り、体育祭等

    の屋外での行事は中止する必要はないと考えられます。ただし、呼吸器系や循環器系の疾

    患を有する者、小児、高齢者などについては、より低い濃度でも健康影響が生じる可能性が

    あるので配慮が必要です。

 

Q:空気清浄機はPM2.5の除去に有効ですか。

 

A:PM2.5に対する空気清浄機の除去効果については、フィルターの有無や性能など機種に

    よって異なると考えられます。一部製品については、各メーカーによって性能試験により一

    定の有効性が確認されているとのことですが、個別の製品の効果に関する詳細については

    、製品表示や販売店・メーカーに確認する必要があります。

 

 

 

詳しくはこちら