「消費インテリジェンス」って何?

 

Q:「消費インテリジェンス」って何?

 

A:ミクロベースの「脱デフレ」を実現するためには、消費データの戦略的活用による内外の消

  費市場の開拓が大きな鍵であるとの認識の下、消費構造の変化等野分析に加えて、構造

  的な課題解決に向けた方策を整理し、「脱デフレ」のための3つの処方箋です。

 

Q:「脱デフレ」のための3つの処方箋とは。

 

A:その1:企業戦略の転換。

  その2:消費データの積極的活用(ビッグデータ時代の到来)。

  その3:競争環境の整備です。

 

Q:企業戦略の転換とは。

 

A:消費者理解を起点とした企業戦略に転換。消費者のセグメンテーション、自社(ブランド)の

  ポジショニングの重視。「もの」づくり→「こと」づくり。メーカーと流通の新たな協力関係の構

  築とイノベーションの活発化が挙げられます。

 

Q:消費データの積極的活用(ビッグデータ時代の到来)とは。

 

A:「ビッグデータ」時代の到来によって消費データの価値が向上。先入観にとらわれない消費

  者のダイナミックなセグメンテーション、短期間でマーケティング戦略のPDCAが可能にな

  ります。

 

Q:競争環境の整備とは。

 

A:現行の競争政策は、メーカーの支配力が常に強いという発想で、メーカーと流通の関係を

  過度に規制しており、グローバルにみても例外的に厳しい規制です。「こと」づくりのために

  メーカーと流通が一体となった取組を可能とする規制緩和、「流通取引慣行ガイドライン」を

  抜本的に改正し、欧米並の競争環境にすることです。

 

 

 

 

詳しくはこちら