「予防安全性能アセスメント」って何?


Q:「予防安全性能アセスメント」って何?

 

A:国土交通省と(独)自動車事故対策機構は、衝突が避けられない場合に自動ブレーキを

    かける技術など、自動車の先進安全技術について新たに評価を始めました。

  これを「予防安全性能アセスメント」と言い、先進安全技術を搭載した自動車の安全性能

    について様々な試験を行い、その結果をここにまとめました。

 

Q:「予防安全性能アセスメント」の目的は。

 

A:「予防安全性能アセスメント」は、多くの皆様に、より安全な先進安全技術を搭載した自動

   車を利用していただくことで交通事故を減らしていこうとするものです。同時にそれぞれの

   自動車の評価をして比較することで自動車メーカーにはより安全な自動車の開発を促すも

   のでもあります。

 

Q:試験方法・評価方法は。

 

A:衝突被害軽減制動制御装置・車線逸脱警報装置の試験を行い、評価点は、日本の事故

    実態を踏まえて死亡・重傷事故を少なく出来る効果に応じて与えられ、その合計が2点以

    上の場合には、先進安全自動車として認定されます。

  さらに12点以上の場合は、先進安全車プラスとして認定されます。

 

Q:衝突被害軽減制動制御装置とは。

 

A:衝突被害軽減制動制御装置とは、カメラやレーダーなどで前の自動車を検知して、追突

    するおそれがある場合には、音や警告灯などでドライバーに警告してブレーキ操作による

    衝突回避を促し、さらにブレーキ操作が無くこのままでは追突が避けられないとシステム

    が判断した場合には、被害を軽減するため自動的にブレーキが作動する装置のことです。

 

Q:車線逸脱警報装置とは。

 

A:車線逸脱警報装置とは、車のカメラが車線の位置を認識して、自動車が車線からはみ出

    した場合に、音や警告灯などでドライバーに知らせる装置のことです。

 

 

 

詳しくはこちら