自動車関連情報の利活用って何?


Q:自動車関連情報の利活用って何?

 

A:自動車関連情報の利活用に関する将来ビジョンとして、テレマックス等を活用した安全運

   転促進保険による事故の低減、安全OBDに対応したスキャンツールの共通化を通じた次

   世代車両等の安全使用の促進、自動車の履歴情報を収集・活用したトレーサビリティー・

   サービスの展開による自動車流通市場の活性化及び検査と整備の相関分析等を通じた検

   査・整備の高度化・効率化等が「重点テーマ」と位置付けされています。

 

Q:テレマックス等を活用した安全運転促進保険による事故の低減とは。

 

A:自動車の運転情報から得られる急ブレーキ数や急発進数等の運転特性に応じて保険料

   金が設定される新たな自動車保険や自動車の安全性向上の観点からASV(先進安全自

   動車)技術に着目した保険料割引制度。

 

Q:安全OBDに対応したスキャンツールの共通化を通じた次世代車両等の安全使用の促進

   とは。

 

A:安全に係る車両装置の故障診断においてスキャンツールの機能等の共通化・統一化を図

   ることで、どこの整備工場においても正確かつ迅速な故障診断が可能。

 

Q:自動車の履歴情報を収集・活用したトレーサビリティー・サービスの展開による自動車流

   通市場の活性化とは。

 

A:中古車購入等に際し、車両の事故履歴、オーナー数、修理・整備履歴、走行距離、水害

   履歴等の情報を有料で提供。

 

Q:検査と整備の相関分析等を通じた検査・整備の高度化・効率化とは。

 

A:自動車の検査情報と整備情報等を収集・集積した上で、一体的に分析し、不具合発生率

   の高い部位、再検査率の高い箇所に重点を置いた検査・整備の実施。

 

 

 

詳しくはこちら