ものづくり・商業・サービス革新補助金って何?


Q:ものづくり・商業・サービス革新補助金って何?

 

A:国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、認定支援機

    関やよろず支援拠点等と連携して、革新的な設備投資やサービス開発・試作品の開発を

    行う中小企業を支援します。(平成26年度補正予算額1,020.4億円。)

 

Q:補助概要は。

 

A:平成25年度補正の例では、水性塗料対応型ブースの導入に伴う有機溶剤使用量の大

    幅な削減による作業環境の改善及び作業時間の短縮による生産性の向上、「超高張力

    鋼板」に対応したスポット溶接機の導入による自動車整備態勢の確立などがあります。

 

Q:支援の対象者は。

 

A:認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・中小企業による共同体で、

    1.革新的なサービスの創造、2.ものづくりの革新、3.共同した設備投資等による事業

    革新の要件のいずれかを満たすこと。

 

Q:補助率は。

 

A:1.革新的なサービスの創出(補助率2/3)(1)一般型補助上限額:1,000万円、(2)コン
     パクト型補助上限額:700万円。

  2.ものづくりの革新(補助率2/3)補助上限額:1,000万円。

  3.共同した設備投資等による事業革新(補助率2/3)補助上限額:共同体で5,000万円

         (500万/社)。

 

 

 

詳しくはこちら