社会保障・税番号制度(マイナンバー)って何?


Q:社会保障・税番号制度(マイナンバー)って何?

 

A:国民一人ひとりが持つ12桁の番号のことです。

 

Q:どうしてマイナンバーが必要なの。

 

A:マイナンバー制度には「行政の効率化」、「国民の利便性の向上」、「公平・公正な社会を実現」

   というメリットがあります。

 

Q:自分のマイナンバーはどう知るの。

 

A:平成27年10月から、住民票を有する全ての人に、1人1つのマイナンバー(個人番号)が通知

   されます。

 

Q:「個人番号カード」とは何のこと。

 

A:マイナンバーの通知後に市町村に申請をすると、身分証明書や様々なサービスに利用できる

   個人番号カードが交付されます。

 

Q:マイナンバーが必要なのは、いつ。

 

A:平成28年1月から、社会保障、税、災害対策の行政手続きでマイナンバーが必要になります。

 

Q:インターネットから閲覧できるの。

 

A:平成29年1月からマイ・ポータル(仮称)で、個人情報のやりとりの記録が確認できるようにな

   ります。

 

Q:マイナンバーの取扱いの注意点は

 

A:マイナンバーは手続きのために行政機関等に提供する場合を除き、むやみに他人に提供する

   ことはできません。

 

 

 

詳しくはこちら