水素・燃料電池戦略ロードマップって何?


Q:水素・燃料電池戦略ロードマップって何?

 

A:水素・燃料電池戦略ロードマップでは、水素社会の実現に向けて、「水素利用の飛躍的拡

    大」、「水素発電の本格導入/大規模な水素供給システムの確立」、「トータルでのCO2フ

    リー水素供給システムの確立」の3つのステップで産学官と取組を進めることとされています。

 

Q:水素・燃料電池戦略ロードマップ改訂のポイントは。

 

A:フェーズ1:水素利用の飛躍的拡大(現在〜)、フェーズ2:水素発電の本格導入等(2020

    年代後半に実現)、フェーズ3:CO2フリー水素供給システムの確立(2040年頃に実現)

    など、新たな目標設定や、取組の具体化を行いました。

 

Q:フェーズ1の対応の方向性は。

 

A: 1.低地用燃料電池(エネファーム/業務・産業用燃料電池)の将来的な目標価格の明確化。

  2.燃料電池自動車(FCV)の普及台数目標を明示。

  3.水素ステーションの整備目標を明示・自立化目標を明示。

 

Q:フェーズ2の対応の方向性は。

 

A:水素発電の本格導入。

 

Q:フェーズ3の対応の方向性は。

 

A:再生可能エネルギー由来水素の利活用。

 

 

 

詳しくはこちら