外国人技能実習制度って何?


Q:外国人技能実習制度って何?

 

A:開発途上国には、経済発展・産業振興の担い手となる人材の育成を行うために、先進国の

    進んだ技能・技術・知識を習得させようとするニーズがあります。我が国では、このニーズに

    応えるため、諸外国の青壮年労働力を一定期間産業界に受け入れて、産業上の技能等を

    修得してもらう「外国人技能実習制度」という仕組みがあります。

 

Q:外国人技能実習制度の概要は。

 

A:技能実習制度は、最長3年の期間において技能実習生が雇用関係の下、日本の産業・職

    業上の技能等の習得・習熟をすることを内容とするものです。受け入れる方式は、企業単独

    型と団体管理型に大別されます。

 

Q:企業単独型とは。

 

A:本那の企業等(実習実施機関)が海外の現地法人、合併企業や取引先企業の職員を受け

    入れて技能実習を実施。

 

Q:団体管理型とは。

 

A:商工会や中小企業団体等営利を目的としない団体(監理団体)が技能実習生を受け入れ、

    参加の企業等(実習実施機関)で技能実習を実施。

 

 

 

詳しくはこちら