個人情報の保護についてのガイドラインって何?


Q:個人情報の保護についてのガイドラインって何?

 

A:事業者が個人情報の適正な取扱いの確保に関して行う活動を支援すること、及び当該支援に

    より事業者が講ずる措置が適切かつ有効に実施されることを目的として個人情報の保護に関

    する法律第4条、第8条及び第60条に基づき具体的な指針として定めるものである。

 

Q:本ガイドラインの中で、「しなければならない」及び「してはならない」と記述している事項に従わ

    なかった場合は。

 

A:これらに従わなかった場合、法違反と判断される可能性があります。

 

Q:本ガイドランの中で「努めなければならない」、「望ましい」等と記述している事項については。

 

A:これらについては、従わなかったことをもって直ちに法違反と判断されることはないが、事業者

    の特性や規模に応じ可能な限り対応することが望まれるものである。

  もっとも、法の目的の趣旨に照らして、公益上必要な活動や正当な事業活動までも制限するも

    のではない。

 

Q:適用対象は。

 

A:本ガイドラインは、事業者の業種・規模等を問わず、法の適用対象である個人情報取扱事業

    者又は匿名加工情報取扱事業者に該当する事業者に適用されます。

 

Q:個人情報取扱事業者とは。

 

A:個人情報データベース等を事業の用に供している者。

 

Q:匿名加工情報取扱事業者とは。

 

A:匿名加工情報データベース等を事業の用に供している者のうち、国の機関、地方公共団体、

    独立行政法人の保有する個人情報の保護に関する法律で定める独立行政法人等及び地方

    独立行政法人法で定める地方独立行政法人を除いた者をいいます。

 

 

 

詳しくはこちら