無期転換ルールって何?


Q:無期転換ルールって何?

 

A:平成25年4月1日以降の有期労働契約期間が同一の事業主との間で更新されて通算5年を

    超えた有期契約労働者が、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)への申込みをした

    場合、事業主は当該申込みを承諾したものとみなされ、無期労働契約に転換されるルールの

    ことです。

 

Q:通算5年を超えたら、自動的に無期労働契約に転換されるのですか。

 

A:法律上は、契約期間が通算5年を超えた労働者が「申込み」をした場合に、無期労働契約が

    成立します。そのため、無期労働契約への転換にあたっては、労働者ご自身で「申込み」を行

    うことが必要です。

 

Q:すでに5年超勤めていますが、いつでも無期転換申込権を行使することはできるのでしょうか。

 

A:平成25年4月1日以降に開始した有期労働契約の通算契約期間が5年を超える場合、その

    契約期間の初日から末日までの間、いつでも無期転換の申込みをすることができます。

 

Q:無期転換の申込みを行った場合、正社員になるのでしょうか。また、給与や待遇等の労働条

    件は変わりますか。

 

A:無期転換ルールは契約期間を有期から無期に転換するルールですが、無期転換後の雇用区

    分については、会社によって制度が異なるため、一概に申し上げられません。

  給与や待遇等の労働条件については、労働協約や就業規則、個々の労働契約で別段の定

    めがある部分を除き、直前の有期労働契約と同一の労働条件となります。

 

 

 

詳しくはこちら