我が国が主導してきた国際的な車両認証制度(IWVTA)が新たに成立しました

   安心・安全な車の国際的な普及を目指して。


   国際的な車両認証制度(IWVTA)は、自動車に係る認証の相互承認を「装置単位」から「車両

単位」へ発展する制度であり、我が国の提案によって始まり、その後も議長として議論を主導して

きたものです。

   今般、WP29の会合において、IWVTAに関する手続き等を定めた国際規則(国連規則第0号、

UNRO)が成立し、2018年6月頃に発効する見込みです。これによりUNROを適用する締約国

間において車両単位での認可証の発行・受入れが可能となり、各国の認証手続きが効率化され

ることから、安全環境に係る高度な国際基準に適合する自動車の国際的な普及や我が国自動車

メーカーの輸出競争力の強化等が図られることが期待されます。

   UNROが発効した後は、我が国と欧州各国との間で車両単位の認可証の相互受入れが可能と

なる見込みですが、国土交通省としては、引き続き、我が国制度・技術の国際標準化、相手国で

のディファクト・スタンダード獲得等の推進のため、アジア諸国等に対してUNROの適用を促してい

くこととしております。

 

 

 

詳しくはこちら