認 定 申 請 の 手 順

 

 

1)認定申請の申し込み

  所属協同組合長に、一種又は二種の区別を明らかにして申し込みをする。

2)申込みの受理と用紙等の交付

  各単組では申込みを受理すると、様式の決まっている分の用紙を申請者に交付する。

3)申請に必要な書類

4)下書きの作成

  申請者は、案内書をよく読んだのちに、後から訂正を容易にするため、必ず軟質の鉛筆

    を用いて下書きを作成する。

5)単組における指導

  申請者は下書きができたら、単組に提出し、単組では、必要な申請書類が整っているか

    どうか、内容に不備はないか、認定基準に適合しているかどうかなどをチェックし、必

    要な指導を行う。

6)現地確認

  申請書類のチェックが完了した後に、単組の調査員による現地調査を行い、申請書類の

    記載内容と現地を照合し相違がないかどうかを確認する。

7)確認書(証)の交付

  現地確認の結果、申請書類の内容と相違がないことが確認されたときは、

      様式1(車枠矯正装置のない二種)又は

      様式2(一種及び車枠矯正装置のある二種)

    による理事長名の確認書(証)を申請者に交付する。

8)申請書類等の作成

  完全になった下書きに基づき、正本1部(運輸局提出用)、副本3部(運輸支局提出用、

    単組控、自社控各1部)を作成する。

9)申請書類の提出

  申請者は、正本1部、副本1部を運輸支局整備課を経由して運輸局長に提出する。

    この場合7)で交付された確認書(証)及びその写をそれぞれ添付する。

10)陸運支局等の実地調査

  陸運支局で申請が受理された後、運輸支局及び運輸局で必要があるとみとめたときには

    実地調査が行われます。

11)認定の通知等

  認定することが決定されると、運輸支局から申請者に通知があり、認定書が交付されま

    す。

12)認定工場の標識

  認定書が交付されたら、申請者は様式3による認定工場の標識の申込書をすみやかに単

    組を経由して本部宛提出して下さい。標識の製作が完了次第申請者あて直接送付します。

13)標識の掲示

  標識が到着したら、事業場のユーザの見易い位置に掲示してください。

  (注)認定申請手続き等で不明の点があれば、単組又は日車協連本部にご相談下さい。

    なお、運輸支局整備課ともよく打合せをして下さい。

 

 

車体整備工場の優良認定申請の流れ

 img1.jpg