1.自動車車体整備推奨工場申請の手順

 

1.申請の経路及び手続

 

 1)申請者は、所属協同組合理事長に自動車車体整備推奨工場申請の申し込みをする。(別図@)

 

 2)別に定める所定の申請用紙一式の交付を受ける(別図A)。(申請用紙3部)

 

 3)申請者は、申請書(1部手書き、2部複写し計3部)を作成し、これに申請手数料を添えて所属協同

   組合理事長に提出する(別図B)。

 

 4)

     イ.所属協同組合理事長は、申請書の記載内容が指定基準に適合しているか否かについて書類審査す

       る(別図C)。

 

   ロ.書類審査の結果、指定基準に適合していることを確認した後に調査委員による現地調査を行い申

       請書の記載内容と現地を照合し、推奨工場として的確であるか否かを確認する。

 

   ハ.書類審査及び現地調査の結果、推奨工場として適格と認められた場合は(別図D)、所属協同組

       合理事長は、推せん書を作成し、所定の申請手数料を添えて、申請書(1部)を日車協連会長に提

       出する(別図E)。

 

 

2.指定書の交付

 

 1)日車協連会長は、申請書を審査確認の上、推奨工場としての資格があると認めた場合は(別図G)、

   自動車車体整備推奨工場指定書を発行する。

 

 2)推奨工場指定書は所属協同組合理事長を経て申請者に交付する。(別図H)

 

 

3.標識の申込み

 

 1)標識購入申込み用紙は、別に定めるものを使用する(推奨工場指定書と共に送付する)。

 

 2)標識購入申込み用紙に必要事項を記入し、標識代金を添え、日車協連本部事務局に申込む(別図I)。

 

 3)標識は、日車協連本部事務局より購入申込者に直送する(別図J)。

 

 

 

 別  図